『 KGAゴルフ指導者資格 』に関する Q&A



 ゴルフ指導者資格とはどんな資格ですか?

 今、国内には認可された公益法人が認定しているゴルフ指導者資格を、受講者に付与している法人は『(社)日本プロゴルフ協会』 と 『学校法人 平成学園 九州ゴルフ専門学校』のものしかありません。
この2つの公認法人がゴルフの正しい普及,発展の為に定期的に講習会を開催し、講座を受講した受講生に学科テスト、実技テストを行い、合格者に付与する資格です。



 KGAゴルフ指導者資格試験に合格すると、どのように仕事に活かせますか?

 KGAゴルフ指導者資格は、生涯スポーツとしての社会体育や学校体育の現場において、ゴルフの技術的な指導のみならず、エチケット・マナー等ゴルフ全般にわたって指導できる資格を認定し、付与し、発行する資格なので一般ゴルファーへのレッスンはもちろん、中学、高校、大学と体育授業の中で、ゴルフを通して学ぶことができる数多くの事の指導に当たれます。



 この資格を利用してどんなところに就職が出来ていますか?

 今までに実績は、学校現場など教育界では、熊本県教育委員会から辞令を貰って、南関高校で体育のゴルフ授業を担当したり、鹿本高校、荒尾高校、熊本西高校、八代南高校、松橋高校などで指導していました。また、過去に採用されたKGAゴルフ指導者を高く評価され、今年もブリジストンの直営のゴルフスクールにインストラクターとして採用されました。



 KGAゴルフ指導者資格の習得にはどれくらいの費用が掛かりますか?

 第1回目受講料が15万円、第2回目受験料が15万円、合計30万円、また資格認定料が20万円になります。(※18年度受験者の方は別途郵送した要項をご参照下さい) また、日本プロゴルフ協会の資格認定に関する費用等は当協会のHP(http://www.pga.or.jp/)のティーチングプロ資格認定制度をご参照下さい。



 資格認定までの期間はどのくらいかかりますか?

 年2回(例年7月、11月)開催される講習会(2日間)を受講され、認定試験に合格されればKGAゴルフ指導者資格を付与されますので、多忙な社会人でも短期間に資格が取れるように配慮しています。また、日本プロゴルフ協会の資格認定に関する期間等は当協会のHP(http://www.pga.or.jp/)のティーチングプロ資格認定制度をご参照下さい。



 試験は難しいですか、どのくらいの技量が必要ですか?

 KGAゴルフ指導者資格制度は広くゴルフの正しい普及、発展とゴルフの楽しさを伝えて頂くために創設された資格制度ですから、基本的な知識と模範演技が出来る技量は必要ですが、難しいものではないと思っています。



 推薦者や実績は必要ですか?

 広くゴルフの正しい普及、発展とゴルフの楽しさを伝えて頂き、また多くの方に受講して頂きたいので、推薦者は必要ありませんし、実績も必要ありません。



 インターネットゴルフ大学の受講は資格習得に必要ですか?

 インタ−ネットゴルフ大学へ入学して受講することがKGAゴルフ指導者資格習得の必要条件ではありませんが、インタ−ネットゴルフ大学へ入学して受講し、学科の単位を取られれば、KGAゴルフ指導者資格認定試験の学科のテストを免除されます。



 試験を受ける費用はどのくらいかかりますか?

 インターネットゴルフ大学の学生は講習会の受講は自由ですが一般受講生は原則として、年2回受講して頂き、同時に行われる学科試験や実技試験の総合成績で指導資格の各階級を認定します。 一般受講生については 第1回目受講料が150.000円、第2回目受験料が150.000円、合計300.000円、また資格認定料が200.000円になります。(※18年度受験者の方は別途郵送した要項をご参照下さい) また、インターネットゴルフ大学の学生については第2回目試験日に実施される筆記試験が免除となります。


 資格を取るためには筆記の他、何をすればいいですか?

 実技試験を受けてもらいます。試験内容は下記のとおりです。
  ・ラウンドプレー  ・ショートゲーム  ・スイングドリル  ・応用ショット
  ・バンカー  ・パッティング  ・ゴルフティーチング
 *ラウンドプレー以外については、あくまで基本形に基づいて判定いたします。